【スーパーフードとローフード】マクロビオティックの基礎知識:糖分の制限

 

マクロビオティックを始めるにあたって、抑えておきたいのが糖分の制限が必要かどうかという点です。
マクロビオティックは、基本的に玄米や全粒穀物を中心に、野菜や豆、ナッツ類をバランスよく食べる方法になります。スーパーフードといわれる、消化酵素の多い食品なども取り入れます。スーパーフードでは、クルミがマクロビオティックには合うでしょう。
そして控える必要のある食材があります。白米に肉類、マヨネーズやケチャップなどの調味料、そして砂糖です。ここで注意して欲しいのは、素材として砂糖が不要なだけで、糖分を取ることは良いとされている点です。マクロビオティックは、糖分を砂糖からではなく、穀物や野菜から取ることを目的としているのです。穀物や野菜をそのまま食し、あえてそこに砂糖で味付けをする必要がないことになります。ちなみに特に塩分の制限はありませんので、味付けに不満がある場合は、塩をうまく取り入れるようにします。その際も自然塩が良いとされています。この自然塩は、野菜や豆の調理に使用するだけではなく、玄米を食べる際にも使用できます。玄米は最初は食べづらく感じることがありますので、自然塩と黒ゴマをすり鉢ですって、かけて食べるととても食べやすくなります。

  • 2016/06/06 06:13:06